TrainerRoad 35日目:Warlow(Threshold 4.7)

2023 01 21 Warlow

本日はFTPの95%の2分間と110%の1分間を交互に行う9分間のインターバルが5回のしきい値トレーニング。1時間半でTSSが112(消費カロリーは805kcal)となかなかの負荷で、FTP110%はかなり効いた🤣5本目のインターバルはかなりいい感じに追い込まれました😆

1、2本目はケイデンス90rpmぐらいでシッティング、3本目はダンシング、4本目はエアロポジション、5本目はペダリングを意識する指示がありました。

進行レベルが5に近づくにつれて、ますます面白くなってきましたね。

そうそう。サドルの高さを結構低くセッティングしていたのですが、満を辞して?いわゆる一般的に言われるサドルの高さ。サドルに座った状態で最下部にあるペダルに踵をついたときに、足が伸び切るぐらいの高さに変更しようと思いたち、サドル高を変更してみました。
変更してみたら、高さが2cmぐらい高くなった😂しばらくこの高さで乗ってみようと思います。とりあえず、今日乗った感じでは膝が痛むようなことはなかったです。

サドル高調整

Before

2023 01 21 IMG 7261

After

2023 01 21 IMG 7262

Strava

説明

Warlowは9分間のオーバーアンダーインターバルを5回行い、95%FTPで2分間、110%FTPで1分間を交互に行い、インターバル間に6分間のリカバリーを行います。

目標

このトレーニングの主な目的は、高い作業レベルを維持しながら、ペースの変化に対応する能力を養い、その過程で筋持久力を高めることです。

筋肉に代謝の副産物が蓄積され、力を抜きたくなりますが、それは禁物です。

燃焼を維持し、谷間はわずかに後退させることで、燃焼をやり過ごし、筋肉を効果的に鍛えて、多くの仕事をこなしながら、蓄積を処理します。

これらのインターバルは、より良い乳酸を処理するためにあなたの能力を高めることができますそれによってあなたがFTPを超えて動作することができますどのくらいの時間だけでなく、FTP自体を増加させることができます。

谷に耐えるときも、短時間の上昇に耐えるときも、ケイデンスは85〜95rpmの範囲に保つようにしてください。

コメント