【解決済み】Windows10(ビルド1809)にアップグレードしたら、Windows Push Notifications User Serviceが暴走

会社で使っているWindows 10のPCをビルド1809にアップグレードしたところ、すげー重くなった!
え、なんで??って思ってタスクマネージャーを立ち上げると、、、
「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」とかいうのが大暴走中。CPUを30%、メモリに至ってはほぼ100%を握ったままじゃないですか!!!え、何これ?ウィルスかよっ!?ってレベル。

で、このプロセスを強制終了すると、しばらくするとゾンビのようにまた立ちがってきて、リソースを食いつぶす。
サービスを覗いてみると「Windows Push Notifications User Service」が確かにいる。プロセスを強制終了した後に、サービスのスタートアップの種類を「手動」に変更しようとするとエラーが出て変更できない。再起動しても何も改善しない。

ググっても何も情報が見つからず、途方に暮れていました。

しばらくして、そういえば英語のサイトで探してないなと思い、ググってみると下記のサイトがヒット。

以下の5つの解決方法が記載されいました。

  1. Use SFC to Scan for Memory Leaks
  2. Rename or Delete the Notifications Folder in Safe Mode
  3. Uninstall the ‘Do Not Disturb’ Component of Avast/AVG
  4. Update Windows 10 to the Latest Version
  5. Replace Your Antivirus

解決方法 その1

コマンドプロンプトを管理者モードで立ち上げて、下記のコマンドを実行しろってやつ。

sfc /scannow

これは既に実行済みで効果なし。

解決方法 その3 & 5

会社で指定されたウィルス対策のツールが入っているので、対象外。

解決方法 その4

Windows10のビルド1809で適用できるパッチ類は、全て適用済みでした。

解決方法 その2

ん?これは初めてみる解決方法でした。手順は以下の通り。

手順

  1. タスクマネージャーを管理者モードで起動して、「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」を強制終了
  2. 「C:\Users\YOURUSERNAME\AppData\Local\Microsoft\Windows」配下にあるディレクトリ「Notifications」というフォルダ名を変更(「YOURUSERNAME」の部分はログインしているユーザIDに置き換えてください)
  3. OSの再起動

すると、、しばらくしても「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」大人しいままじゃないですか!うおーきたー!!ということで、私の環境では解決しました。
「Notifications」にはこのプロセスが使うデータベースファイルが格納されており、そいつが破損している?とかでメモリリークのような動きをしている感じですね。尚、「Notifications」フォルダの中身のデータベースはプロセスが起動するタイミングで新しく作成されます。

もし、同様の問題でお困りの方がいたら、試してみる価値はあるかと思います。
とはいえ、作業は自己責任でお願いしまする。

Elektron DigitoneをOverbride(2.0.14 Public Beta)でDAW(Bitwig)と連携 (macOS)

Elektron DigitoneをOverbridgeでDAWと連携して使うための、設定手順をまとめてみました。
“Elektron DigitoneをOverbride(2.0.14 Public Beta)でDAW(Bitwig)と連携 (macOS)” の続きを読む

【原因解明済】ExchangeのカレンダーがiOSのサードパーティーアプリ「Staccal 2」で見えなくなった

会社から支給されているiPhoneでExchangeのカレンダーを参照するために、「Staccal 2」を使っていたのですが、iOS12にアップデートしてからExchangeのカレンダーが見えなくなりました。

他のアプリでも同じなのかを確認するために、「Fantastical 2 for iPhone」も入れてみたけど結果は同じ。確認できた参照可能なアプリはiOS標準の「カレンダー」と「Microsoft Outlook」のみ。

原因を調べようとしても日本語では皆無(私には見つけられませんでした)。で、ようやく下記の情報を発見。

Why aren’t my work calendars appearing on iOS 12?

iOS 12 introduced new restrictions for devices that have mobile device management (MDM) profiles installed. Go to iOS Settings > General > Profiles to check if you have an MDM profile installed. If you do, you can check to see if you have the specific restriction listed: “Opening documents from managed to unmanaged apps not allowed”.

By default, any device running iOS 12 that has an MDM profile with the above restriction installed will not be able to share managed calendars with Fantastical (or any other third-party apps that use iOS’s Calendar data).

To resolve this, you will need to speak with your workplace’s administrator, who will be able to grant Fantastical the necessary clearance it needs to access your managed calendars.

Specifically, Fantastical either needs to be added as a managed app in the MDM profile, which allows it to access iOS’s calendar data, or the “Opening documents from managed to unmanaged apps not allowed” restriction needs to be removed from the MDM profile.

MDMのプロファイルでカレンダーのデータへのアクセスが許可されていないと参照できないという話。早速、設定を見てみる。日本語だと「設定 > 一般 > デバイス管理 > デバイスマネージャ > 機能制限」に「管理対象Appの書類を管理対象外Appで開くことは許可されていません」と確かに制限がかかっている。
iOS12でMDMのプロファイルでこの辺のアクセス制御が集中管理できるようになったのでしょう(詳しくないので適用に書いてます)。

後は、参照したいアプリへのアクセス権限を付与して欲しいことを管理部門にかけあうって話になるのだろうけど、許可してくれるかは難しいかもしれません。自分が管理部門だったら、大丈夫だからOKっとは言ってあげられないですから。

とりあえず、今の会社のセキュリティポリシーでは、サードパーティのアプリではExchangeのデータ(メール、カレンダー、タスク、メモ等々)にはアクセスできないということがわかって、スッキリしました。