サーバーをX Serverに移行しました

Blogを運用するサーバーをX Serverに移行しました。移行を決意した理由としては色々あります。最も大きかった理由としては、MarsEditで投稿できなくなったことです。

使っていたサーバーのPHPのモジュールがバージョン5.2から更新がなく、WordpressのいつぞやのバージョンからMarsEditで投稿すると'<‘とか’>’が投稿したときに削除されてしまうという状況に陥っていました。

この原因にたどり着くまでにだいぶ時間を要しましたが、発覚してからサーバーの管理者に問い合わせてアップグレードされる予定もなさそうだったのが、決断に至った大きな理由です。
また、年末でちょうどドメインの更新費用が無料になるキャンペーンをやっていたので、勢いでやれたというのは否めませんw

他にも、サーバが異常に遅くてFTPが繋がらないとか、料金が高い等の理由がありました。サーバーの移行自体面倒だと思っていたので、移行するタイミングを逃していましたが、実際にやってみてそんなに難しいことは無かったです。
X Serverに移行する方法は、情報がたんまりあるので安心してできましたね。

ま、ぶっちゃけ4000PVぐらいしかないネットの袋小路みたいなBlogなのでX Serverではオーバースペックだとは思ってますw が、これから自分が困ったことを少しでも共有できればと思っていますので、今後とも宜しくお願いしまする。

2年半使ってるiPhone SEのバッテリーがへたってきたのでクイックガレージさんで交換してもらってきた

iPhone SEの後継機がいつまでたっても出てくれないので、これといって交換する必要もないので使い続けていますが、2年半が経ちバッテリーの減りが気になってきました。
また、2018/12/31まではバッテリーの交換が保証期間を過ぎていても、半額以下の3,200円で交換できるというので今のうちに換えておこうとおもってやってみました。

持ち込みで交換

交換までiPhoneが使えないのは困るので、持ち込みで交換にしました。
持ち込む先は、Appleの正規サービスプロバイダであり、以前にカミさんのiPhonenの修理でもお世話になったクイックガレージさんです。立川の店舗が一番近いからというのもありますが。

クイックガレージの予約

前回、カミさんのときには予約せずに直接行って、1〜2時間待ったので今回は事前に予約しました。予約は、朝の「9:30」から2日先まで予約できます(何時までできるかはわからないのですが、朝10時前後に予約するのが良さそうです)。
私の場合は、金曜日の朝に土曜日の予約を入れました。このタイミングで予約は結構空いてて、余裕で予約できました。
尚、予約ができない時間帯だと↓のように表示されて「ぜんぜん予約できないじゃん!」って思ってしまうのですが、10時前後には日付が選択できるようになります。
スクリーンショット 2018 11 17 16 25 06

当日

予約した時間に向かい受付を済ましてから、20分ほど待ちました。その後、iPhoneの状態を確認し、バッテリの状態は「86%」で交換を依頼。それからバッテリーの交換自体は20分ほどで完了。金額は税込みで「3,456円」。なんだかんだで50分ぐらいかかりましたかね。なので、多少は時間に余裕をもって行くのが良さそうです。

ソフトバンクのあんしん保証パック(i)で修理代を申請

ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)」を契約していたので、修理代を申請しました。申請自体はMy Softbankからできて、修理報告書は写真を撮ってアップロードする形で簡単に申請できます。
これで、クリックガレージで払った金額も戻ってきます。私の場合は月々の利用料金から割引の形で適用するようにしました。

追記:2018/12/05

バッテリーを交換する直前では、Twitterを15分ぐらい見てただけでバッテリーが30%ぐらい減るような状況で、とても通常運用できる状態ではありませんでした。しかし、交換後は往復2時間以上の通勤も含めて、Twitter、FeedlyでBlogのチェック、曲を聴いたり、動画みたりして途中で充電はしなくても、夜家に帰りつくころは40%ぐらいは残っている状況で、1日は充電しなくても余裕でもつ元の状態になってます。
なので、バッテリーの減りが気になる方は2018/12/31までの安く交換できる期間でのバッテリー交換をオススメします。

Kensington ExpertMouse を使い初めて4ヶ月経ったのでレビューしてみる

Mouse。おそらくPCで仕事をする上で最も使用頻度の高い道具だと思います。
直近、仕事で使っていたのは「M705 Marathon Laser Mouse - Logicool」(実際は1世代前のM705のほうです)でした。コレ自体、操作性、サイズ感、電池の持ち等など、不満はまったくありませんでした(なかったのかよっ!)。
また、モバイルの方では親指トラックボールの「M570 Wireless Trackball - ロジクール」(レシーバーがダメになり乗り換え)や「USBトラックボール(親指操作タイプ) - M-XT2URBK」(こいつは今も使ってます)を使ってます。
で、Kensingtonを代表する手のひらで操作するトラックボールを使ってみたかったんですよ。キッカケは間違いなくそんな理由ですw
で、どれにしようか悩み、お店でいじくり倒した結果、「Kensington – ExpertMouse ワイヤレストラックボール」をチョイスしました。
んで、購入してから4ヶ月ほど経つので、レビューというか今までの経緯を時系列でここにまとめておきます(ふと思った時にメモっていたものをそのままですけど)。
尚、会社のWindows 10のPCで使っています。
自宅で主にDTM用途に使っているMacBook ProはTrackpadのままです。
“Kensington ExpertMouse を使い初めて4ヶ月経ったのでレビューしてみる” の続きを読む