DTM用モニターヘッドホンに何を買うか考える

2018年の2月にモニタースピーカーとしてFocal SHAPE 50を導入して、モニター環境は劇的によくなりました。

スピーカーだけでほとんどの作業ができるようにはなり、耳への負担も少ないのはとても楽です。しかし、各トラックのバランスの細かい調整などの作業は、やはりヘッドホンでないと難しいと個人的に感じています。

尚、現在所持しているヘッドホンは以下の2つです。

HD25はDJのモニター用で、そもそも制作用途でのモニターヘッドホンとしてはちょっと味付けが濃すぎ。DT250のほうは色々微妙に感じるところがありまして(詳細は後述)。で、Universal AudioのApollo x6を購入した際にゲットした楽天のポイントの期限の一部が今月で切れるというので、そろそろヘッドホンも新調しようかな?と思い、考えはじめた次第。

結論

最初に結論を書きますが、YAMAHA:HPH-MT8を注文しました!
以下、購入に至った他に気になったヘッドホンの試聴したときの感想などを書きたいと思います。

スピーカーのときにも書いていますが、ヘッドホンを買う際には必ず!試聴してください!!
ほんとモニターヘッドホンとか言って音がフラットに出るはずなんだけど、実際は全然違いますもんね。

購入検討したヘッドホン

今回、YAMAHAのHPH-MT8を購入するにあたり、試聴したヘッドホンは以下のものです(所持しているものも含む)。HPH-MT8を試聴するのが目的だったので、選択肢は少ないです。

以下、各ヘッドホンを試聴した際の私の完全なる主観での感想です。
ぶっちゃけ、HPH-MT8注文後に書いているので、HPH-MT8との比較した偏った感想になっている点はご了承ください。

audio-technica:ATH-M50x

はじめに、装着した際に「ゴツいな」と思いました。私の耳にはフィットしませんでした、若干浮いている箇所がある感じでしょうか。後、DJでも片耳でモニタリングとかしないので、回転するのが逆に邪魔に感じました。
音はYAMAHAと似てるのかな?って勝手に思っていたのですが、実際聴いたら低音がずいぶん盛られてるなと。低音が出ているだけあって元気がある音なのですが、そのぶん低音が見づらく感じました。しかし、全体的に解像度は高く、各トラックの音も見やすかったです。

FOCAL:Listen Professional

スピーカー(FOCAL SHAPE 50)にあわせてヘッドホンもFOCALで行こうかな?と思って選択肢に上がったListn Professional。「赤」って色が好きじゃないので、音以前のところで選択肢ではないのですが、、出音次第ではと思い試聴。

装着感は頭に当たる部分がフカフカでピッタリとフィットし長時間つけていても痛くならなそうな感じです。遮音性も高いです。肝心の音ですが、うーん。良くも悪くも、個性がないフラットな音だと感じました。モニターヘッドホンとしてはある意味「正解」なのかもしれません。しかし、これでモニタリングしながら作業したいか?と言われると、個人的には「No」ですね。後、HPH-MT8と比較して音場が狭く、聴いていて窮屈にも感じました。なんというか、目の前の狭い範囲で全ての音が鳴っているように私には感じました。これも、狭い範囲で鳴っている音を俯瞰して見ることができると捉えれば、モニタリング用途としては正しいのかもしれませんが、私の好みではなかったです。

SONY:MDR-CD900ST

買う気はありませんでしたが、比較のために改めて聴きました。
低音はEQでバッサリとカットしたのか?というぐらいカットされているように私には聴こえました。逆に高音はちょっと出すぎかなと。改めて聴いてみて、正直私には何がいいのか?はわかりませんでした。ま、私の用途に合わないってのが大きいのでしょうね。

YAMAHA:HPH-MT8

装着感は優しくフィットする感じで、これなら確かに長時間つけていても大丈夫な感じがしました。遮音性に関しては、FOCALのListen Professionalのほうが高かったです。
で、肝心の音。聴いた瞬間、「あ、いいわ。これ。」でした(FOCAL SHAPE 50を試聴したときもそんな感じでしたね)。他と比較して聴けば聴くほど、HPH-MT8の良さが際立つといった状況でした。低音は控えめです、あくまで全体域がフラットに出ている印象。ATH-M50xと比べると物足りない感じは確かにあります。が、めちゃくちゃ低音が見やすい。解像度も非常に高く、全体域の各トラックの音がハッキリ見えます。音の粒立ちがいいというか、輪郭がクッキリしている感じです。
そして、何よりも驚いたのは、音場が広い。ヘッドホンなのに、音が鳴っている空間が広く、スピーカーで聴いているように音が立体的に見えるんですよ。音場の広さが聴いていて非常に気持ちよかったのが、個人的には決め手になりました。

3万以下という価格帯では、ぶっちぎりなんじゃないかなーっというのが、今回試聴した際の感想ですね。
お店の方も、YAMAHAは実際は倍ぐらいの値段してもおかしくないみたいなことを仰られていました。

また、HPH-MT8はケーブルが着脱式なのでリケーブルできるのもいいですね。そのうち、OYAIDEのケーブルに交換とかしてみたい。

後、FOCAL SHAPE 50を購入する際にも意見を参考にした鈴木Daichi秀行さんのHPH-MT8に関するつぶやき↓です。FOCAL SHAPEの件もあり、かなり信用してます!(実際、試聴して良かったし)

beyerdynamic:DT 250

装着感は側圧が強く、私はあまり長くつけていられないです。頭に当たる部分はベロアで気持ちがいいんですけどね。
音はフラットで解像度も高いと思っていましたが、HPH-MT8と比較すると全体的に音がボヤけているように聴こえました。特に低音がボヤけていて見づらい感じです。決して悪くはないのですが、私の用途だとHPH-MT8が良すぎたw

SENNHEISER:HD 25

装着感は耳の上に乗っかる感じなので、ずっとつけていられるものではないです。
音は低音が盛り盛りで、外でデカいスピーカーの前で踊っているような感じに聴こえるのは、やはり聴いていて気持ちがいいです。しかし、DTM用としては、そもそも音がフラットに出ていないし、解像度もそこそこなので使うにはちょっと無理があるなと。
でもまぁ、この出音は大好きです。DJのモニタリング用(特にDance系)にはオススメです。

2019/01/08

注文したHPH-MT8が届きました!

早速作りかけの曲を確認したところはじめに気がついたのは、あるトラックにノイズがのっていることでした!今まで全然気がつけなかったのに、恐るべしです。

店頭で確認したときにiPhoneの出音で確認していたからなのか?低音がちょっと物足りないかなーって感じていたんだけど、Apollo x6のヘッドホンアンプ経由で聴いてるけど十分出てる。
しかし、ヘッドホンで聴いてるんだけどスピーカーに近い感じで聴けるのはありがたい。しかも、音のバランスもとりやすい。ミックス作業は好きなほうなんだけど、更に楽しい作業になったのはいいね♪

お店で試してわかっていたけど、側圧がソフトな感じなのでメガネかけてるけど痛くならないのも◎
ケーブルは着脱式でコイルケーブルとストレートケーブルの2種類が入っているのだけど、ストレートが3mと無駄に長い。これは短くていい。そのうちオヤイデのに換えてみたくなるよね。

コメントを残す