Elektron Digitoneのツマミを操作してDAW(Bitwig)のオートメーションを記録する方法

Elektron DigitoneだけでなくOverbridgeでDAWと連携できるシンセでは可能だと思いますが、ここではElektron Digitoneのハードウェアのツマミの操作をDAWのオートメーションとして記録する方法をまとめます。
“Elektron Digitoneのツマミを操作してDAW(Bitwig)のオートメーションを記録する方法” の続きを読む

曲を作るようになったキッカケと作りたい曲

曲を作りたいとは何となく思ってはいたけど、実際に作りはじめるキッカケになったのは
敬愛するPete Namlook氏が旅立たれたこと。

あー、もう彼の曲を聴くことはできないのかって思い、だったら自分でAmbientを作るかと。

じゃぁ作りたい曲ってどんなよ?って話なんだけど、Ambientだと自身が溶けてなくなってしまいそうな睡眠系ですかね。これはDJやってるときから、ブレてないですw

で、今はDanceのトラックを作っていますが、Danceで作りたい感じは?っていうと
以下の2点の要素を持っている感じでしょうか。

1. 風を感じる

自分がフロアにいたときに、スピーカーのほうから結構強い風が吹いていて、
それに向かっていく感じ。そんなイメージを想起させる曲を作りたい。

2. ACID音

一概にACID音といっても表現の仕方はいっぱいあると思います。
自分がACID音で表現したいのは、踊り疲れてもう動けないかなぁって思っているときにでも
膝を挙げさせられてしまうビッキビキのACID音がかき鳴らされてるような感じの曲。

どっちも何いってんだコイツ?って感じだとは思いますけどw
そんなおぼろげなイメージを曲にしたいと思って、楽しみながら作っています。

TRAKTORを使ったDJのパフォーマンスをMixcloudでライブ配信する方法(オーディオインターフェースに「KONTROL Z1」、MacOS用アプリ「Loopback」を使用)

先日の投稿「【試行錯誤中】Zoomの会議を利用した飲み会でMacBook ProでDJ配信する方法(Mac用アプリ「Loopback」利用) – SWK623」に引き続き、DJ配信に関する投稿です。
今回は単純にDJの配信をMixcloudのライブ配信でどうすればいいのか?という話。

最初はYouTubeで配信するつもり満々だったのですが、著作権の問題があるからNGだろっ!ってことに気がつきまして、StreamingのプラットフォームとしてMixcloudを使ってみようということになりました。

尚、Mixcloudでライブ配信するには、月額1,500円支払ってPro会員になる必要があります。現在(2020/05/02)、90日間の無償のトライアルが利用可能です。

【試行錯誤中】Zoomの会議を利用した飲み会でMacBook ProでDJ配信する方法(Mac用アプリ「Loopback」利用)

Zoom飲み、まだしたことないんですが、DJする機会があるかも?しれないので調べた内容をまとめておきます。外部ミキサーがあれば別にやりようはあると思うのですが、ミキサーを置く場所がないのでアプリで何とかしてみようという話です。

尚、とりあえず出来たっぽいけど、本件はまだ試行錯誤中です。自分のPCとiPhoneで試してみただけなので、実際にやったら課題が出る可能性ある点はご了承ください。
“【試行錯誤中】Zoomの会議を利用した飲み会でMacBook ProでDJ配信する方法(Mac用アプリ「Loopback」利用)” の続きを読む