DTM用モニターヘッドホンに何を買うか考える

2018年の2月にモニタースピーカーとしてFocal SHAPE 50を導入して、モニター環境は劇的によくなりました。

スピーカーだけでほとんどの作業ができるようにはなり、耳への負担も少ないのはとても楽です。しかし、各トラックのバランスの細かい調整などの作業は、やはりヘッドホンでないと難しいと個人的に感じています。

尚、現在所持しているヘッドホンは以下の2つです。

HD25はDJのモニター用で、そもそも制作用途でのモニターヘッドホンとしてはちょっと味付けが濃すぎ。DT250のほうは色々微妙に感じるところがありまして(詳細は後述)。で、Universal AudioのApollo x6を購入した際にゲットした楽天のポイントの期限の一部が今月で切れるというので、そろそろヘッドホンも新調しようかな?と思い、考えはじめた次第。
“DTM用モニターヘッドホンに何を買うか考える” の続きを読む

Mix28

Mix28 by Swk623 A.K.A. Mario on Mixcloud

01. Snarling Black Mabel / Hallucinogen
02. Free Lemonade (Live In Paris 1995) / Total Eclipse
03. Psycho Pod / Psychopod
04. Super Skunk / Asia 2001
05. Double Dragons (Alternate Mix) / Doof
06. WhirlRain Of Water / Underhead
07. Goa Generator (Live Mix) / Infinite Zen
08. psychogenesis / Jago
09. My Dear Medical Insurance / Transwave
10. Return Voyage / Psychaos
11. Friends From Tau-Ceti / Infinite Zen
12. Jana (Hallucinogenic) / Killing Joke
13. Mars Needs Women (Live Mix) / Doof

BitwigをNI Maschineでコントロール

あまり需要のあることではないんで、情報があまりにも無いのでココに簡単にまとめておきやす。
BitwigMaschine用のスクリプトはいくつかあるのですが、今回は下記のスクリプトを使用しています。

GitHubからZipファイルをダウンロードして、解凍後のフォルダ「ni-maschine-master」ごと下記のフォルダにコピーします(以下、Windowsのフォルダも記載してますが、以後macでの確認内容となりまする)。

[OSX]
/Users//Documents/Bitwig Studio/Controller Scripts
[Windows]
%USERPROFILE%\Documents\Bitwig Studio\Controller Scripts\

続いて、解凍したファイルに含まれている「Bitwig Studio.ncm2」をダブルクリックして、Control Editorを起動します。起動した時点でテンプレートとして登録されるので、今後使用する場合にはUSBで接続しているMaschineで「Shift + Control」で起動して利用することができます。
Native_Instruments_Controller_Editor
では、Bitwigを起動して設定をします。起動後に「Options – Preferences」でPreferencesを立ち上げ、「Controllers」タブを選択します。
以上で準備は完了です。
試しにBitwigのPOLYSYNTHを選択してみます。この時にMaschineのコントローラーでBROWSEボタンで以下のような表示になります。このとき「DEVICE >」で同一コンテナ内のモジュールに移動できます。
IMG_1668
で、BROWSEボタンを再度押すと最初は「MACROS」が表示されるので、「COMMON」で下記のようにツマミの情報が表示されるので、後はツマミでコントールできるようになります。尚、他のツマミには普通に「PAGE」で切り替えれます。
IMG_1669
とまぁ、自分の備忘のためにも書き記しておきます。
追伸:2014/11/09 23:34
ちなみにAutomationをRecordする場合には、上記のスクリプトではうまく動かないようです。
確認したところ、下記のリンク先でダウンロードできる「BWSScriptPackage1.1.zip」だとAutomationのツマミも同期して動きました。なんかこうなると、上記のスクリプトとうまくマージして動くものを作って見たい気も。なーんてね(誰か作って~!)。

追伸:2014/11/11 23:35
尚、上記の2つのスクリプトが両方入っている状態だと、最初に入れたやつでAutomationも動くようになったみたいです♪

Mac OS X YosemiteでBitwig

Mac OS XをYosemite(10.10)に行きおいだけでアップグレード!
もうなんか最近は何が動作するか?とか調べるのも面倒なので(;・∀・)
で、なんとなーくBitwigを起動してみたところ。
Java 6が入ってないから以前のバージョンを入れろと言われた。
ちなみにBitwigのバージョンは「1.0.14」でした。
で、表示されたダイアログの「詳細」ってボタンをクリックすると、下記のページに。

ダウンロードしてインストールすれば、Bitwigは無事に起動。
起動後にバージョン「1.0.15」がきてたんで、早速ダウンロードしてインストール。
Javaだとこの辺りを気にしなくても動くのはいいやね。

Brunch Club #0

かなり実験的な試みですが、パーティやります!
– salon de brunch club –
3/22(sat)
start:13:00/finish: 19:00
entry fee:¥2000 children free!
(w/free pancake)
MENU:
・ brunch chai
・ brunch coffee
・ brunch harbal tea
・ brunch lemonade
・ brunch clubsoda
・ brunch bar menu
ART&WORKSHOP
with chill out lounge
& classic goa music.
by HAMASE,OPA,MARIO&KEI
venue:
club ILLUMINOID
〒357-0034 埼玉県飯能市 東町7-7 第一ナミキビル3F
http://goo.gl/maps/GIhhz
*We are recruitment flea market, the workshop & light meal shop.
Please contact to us@Facebook page. please push like!
https://www.facebook.com/brunchclubproject
our streaming channel:
http://www.ustream.tv/channel/brunchclub

Traktor Kontrol S4でCrossfaderをOFFにしたい

自分はMixerでCrossfaderを使わないため効かないように設定していたのですが、Traktorの古いファイルを消す際に、Traktor Control S4の設定も一緒に飛ばしてしまい。。
で、どう設定するかについて情報として残しておこうとおもって、これを書いておきます。
下記のサイトより設定用のファイルをダウンロードします。

Traktorのオプションの「Controller Manager」で「Import」ボタンをクリックし、ダウンロードしたファイル「xfadershiftz.tsi」を指定すると、設定が読み込まれます。本設定により画面上はKontrol S4でCrossfaderが動くのですが、実際には効かないようになります。後は、Mixerの設定で非表示にしとけばOK!

Mix27


01. Lobo rmx / Lurifax
02. Space.com / Planet b.e.n.
03. Hide&Seek / Spirallianz
04. No Guilt Trips / X Dream
05. Screwdriver / Planet b.e.n.
06. Sci-Fi Hi-Fi / Genetic
07. No Name / Joti & Ofer
08. Byron Bay / Transwave
09. Tribal Morning / Jikooha & DJ Yuta
10. Morning Star / K.U.R.O.