マスク着用時のFaceIDでの解除機能を使うためのiOS 14.5 & watchOS 7.4 のベータ版インストール手順詳細



IMG 5292

はじめに

次にリリースされるiOS 14.5とwatchOS 7.4の組み合わせで、マスクをした状態でFaceIDのロック解除をする際にApple Watchをロック解除の状態でつけていれば、FaceIDの認証が緩くなりマスクしててもロック解除できるようになるということで、これは正式版がリリースされまで待てない!ので、早速パブリックベータ版を普段使っているiPhone12 miniとApple Watch6にインストールしてみた。

バックアップ

ベータ版をインストールするまえにバックアップを取得します。
iCloudでもMacでもいいので、必ずバックアップを取得してください。
バックアップがあれば、最悪元のOSの状態に戻すことができますので。

iOS 14.5 ベータ版のインストール

まずはiOSのインストールです。
下記のページにiPhoneのSafariでアクセスします。

IMG 5253

iOS 14.5のiOS Beta Profileの「Download」をタップ

IMG 5254

バグとか他にも問題あるけどいいのか?と確認のメッセージが表示されます。
そのまま「Download Anyways!」をタップ

IMG 5255

構成プロファイルのダウンロードの許可をする必要があるので、「許可」をタップ

IMG 5256

構成プロファイルがダウンロードできた旨のメッセージが表示されるので、設定を開きます。

IMG 5257

「プロファイルがダウンロード済み」って表示されているので、タップして進みます。
(設定のトップになければ、「一般」の「プロファイル」を確認してみてください)

IMG 5258

「iOS 14 Beta Software Profile」が表示されていますので、「インストール」をタップ

IMG 5259

iPhoneのパスコードを入力します。

IMG 5260

iOSのベータ版についてのメッセージが表示されますので確認し、「インストール」をタップ

IMG 5261

もう1度「インストール」をタップ

IMG 5262

再起動が必要なので「再起動」をタップして再起動します。

IMG 5263

再起動後、「設定」-「一般」-「ソフトウェア・アップデート」に「iOS 14.5 Developer Beta」が表示されるので、「ダウンロードとインストール」をタップしてインストールを開始します。

IMG 5266 2

iOS 14.5のインストールが完了し、システムバージョンも14.5になりました。
続いて、watchOSのベータ版のインストールに進みます。

watchOS 7.4 ベータ版のインストール

再度、下記のページにiPhoneのSafariでアクセスします。

IMG 5267

次は、watchOS 7.4のwatchOS Beta Profileの「Download」をタップ

IMG 5268

こちらでも「Download Anyways!」をタップ

IMG 5269

構成プロファイルのダウンロードの許可をする必要があるので、「許可」をタップ

IMG 5270

watchOS Beta Software Profileのインストールをしますので、「インストール」をタップ

IMG 5271

iPhoneのパスコードを入力します。

IMG 5272

watchOSのベータ版についてのメッセージが表示されますので確認し、「インストール」をタップ

IMG 5273

再起動が必要なので「再起動」をタップして再起動します。

IMG 5275

再起動後、「Watch」-「一般」-「ソフトウェア・アップデート」に「watchOS 7.4 Developer Beta」が表示されるので、「ダウンロードとインストール」をタップしてインストールを開始します。

IMG 5276

iPhoneのパスコードを入力します。

IMG 5277

利用規約が表示されるので確認し、「同意する」をタップ

IMG 5278

後は、watchOSがインストール完了するまで待ちます。

Face IDの設定変更

iOS 14.5およびwatchOS 7.4のインストールが完了したら、Face IDの設定を変更します。
「設定」-「Face IDとパスコード」を表示します。

IMG 5279

IMG 5281

「画面注視視認機能」の下に「UNLOCK WITH APPLE WATCH」が追加されているはずです。
デフォルトではオフになっているので、オンにします。

IMG 5283

これで設定は完了です。

マスクをして解除してみる

マスクをした状態でFace IDのロック解除をすると、Apple Watchがブルっと振動し下記のメッセージが表示されます。ロックの解除は非常にスムーズです。

IMG 5288

この「Lock iPhone」ってボタンを押すことで、意図しないでロックを解除された場合にiPhoneをLockできるようになっています。
実際の動きとしては、iPhoneをロック状態にしてパスコードを入力しないとロックできない状態になります。これは安心ですね。

IMG 5289

まとめ

毎日電車にも乗り、朝にはコンビニにて楽天ペイで買い物もするので、Face IDでロック解除するのが面倒なのがほんとにストレスでした。なので、この機能は願ったり叶ったり!

ベータ版の利用は今回が初めてだったのですが、こんなに簡単にインストールして使えるのであれば、個人的に新しいものが好きで人柱になることも厭わないので、今後もどんどん活用していきたいですね。

こうやって製品がアップデートされて便利になっていくのは、Apple製品のエコシステムでは、より顕著だと感じています。しかも、アップデートされたら古くなりすぎた製品以外では、直ぐに利用できるのも大きい。これからも楽しみです。

尚、現状はまだiOS 14.5もwatchOS 7.4もベータ版なので自己責任にてインストールをお願いします!

2021/02/16:追記

1日使ってみた感想としては、便利!なんですけど、まだちょっと不安定。
Apple Watchが振動してもロック解除されないこともあれば、Apple Watchも反応なくてロック解除できないといったことがマチマチな感じ。
リリース版ではこの辺りの精度がアガってくることを期待!

コメントを残す