ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット



Amazonの注文履歴を見たところ、この本「ザ・ゴール」を買ったのは「2002/6/7」だったようです。それから18年近くが経ち、今また読み直しているところ。

当時も面白く読んだ記憶はある。しかし、今見ると感じ方が違う。
なんというか、身をつまされる思いで読んでいるw

どちらかというと上の立場に近いところで仕事をするようになったということもあり、
主人公の気持ちが痛いほど伝わってくる。そらぁ、昼からビールも飲みたくなるw

なんだかんだいって、ワシも少しは大人になったのかなーっと。まだ読んでいる途中ですが、当時読まれた方も今読むとまた違う角度で楽しめるんじゃないかな。

コメントを残す