AmbientMix:04

普段よく聞くDUBっぽい音を集めてMixしてみた♪
本MixからTraktorに完全に移行。アンビのDJするのにはこんなに便利なものはないかもしれない!
と思わずにはいられなかった(゚Д゚;)
今回はMixcloudのほうにUPしてみたので、聴いてみてくだされ。
(今までのどうしようもないMixたちもUPする予定)

TRAKTOR KONTROL S4 雑感

S4をちょいちょい触ってみての雑感をば。
TRAKTOR KONTROL S4 - 04
Jog Wheel上のトッププレート(Traktorマークの部分)はクリックできるような構造になっています。
クリックしてまわすことで、スクラッチかどうかの判定がされます。
また、「SHIFT」を押しながらJOG Wheelを回すことで、曲の頭出しをすることができます。
尚、JOG Wheelを回す際には、トッププレートを押しながら回す必要があります。
TRAKTOR KONTROL S4 - 02
各種ボタン系は結構強く押してあげる必要があります。ゴムなんでなんか粘る感じ。
これ、個人的に思ったよりも硬く、押したはずなのに押されてないことがありました。
慣れることだと思うのであまり気にしていませんが、実際に触って確かめたほうが
宜しいかと(まぁ、もう慣れましたw)。
頭出しをCUEボタンで行ないますが、多少ズレててもキックの直前に自動調整してくれる
ビートスナップという機能は「SNAP」ボタンでON/OFFを切り替えることができます。
ちなみに、曲の先頭に戻るには「SHIFT+CUE」です。
Traktorが出た当初からあったBeatSyncの機能はそれはまぁ便利なしろもんです。
コレさえあれば、どんなにわけわかんなくなっていてもずれることがないでしょう。
でも、何曲かに1回ぐらいの頻度でBPMを半分に計算してくれます。
(これを再計算させるようなことってできるのかしら?もしくは、設定してあげればいいのか)
そのため、便利とはいえ自分でピッチを合わせれる必要はやはりあるのかなぁっと。
TRAKTOR KONTROL S4 - 03
フィルタをすべてコントローラーで操作できるのは、やっぱり非常にわかりやすい。
このフィルタとループで、もれなくアホになれます(゜∀。)
使えるフィルタがプラグインとかで拡張できたら、最高なんやけど。
そんなこと出来たりするのだろうか?
TRAKTOR KONTROL S4 - 05
コントロール上のMixerの部分はテカテカ仕上げなので、
指紋の跡が目立ちます。ヘアライン加工のほうがよかったのでは?と思ったり。
ま、個人的に気にしないのでいいですけど(´▽`*)アハハ
曲の取り込み作業は、いじっているせいで完全にストップ!
曲のタグとかもiTunes上で登録してあげたいけども、、
いつできることやら・・・(゚Д゚;)
しかし、いじっててほんとに楽しいわぁ~w

TRAKTOR KONTROL S4

TRAKTOR KONTROL S4
えぇ、勢いあまって逝ってしまいましたw
事の起こりは、古い音源を探していて、CDではなくMP3等のデータだったら手に入ることに気がついてからの事。それだったら、PCDJに移行しようかなぁっと思い始めたのです。
今まで使っていたTASCAMのCDJはヘタリ気味。
今更CDJに投資というのも考えもの。
えぇ、それなりにしますから。
んで、PCDJで問題となるのは、やはりUserInterface。
マウスでツマミなんていじってらんないわけですよ。
なので、最初はVestaxのVCI-100も考えましたが!
いかんせん、Vestaxのデザインが、、どうしても受け入れらないわけですよ。
こればっかりは、どうしようもない。。
そんな矢先、TRAKTOR KONTROL S4の発表!
いやもう、見た瞬間これしかないでしょ!って感じで
気がつけば発売日確定前に予約してしまい今に至るw
予約特典で1万円引き&専用のケース&ワシが買ったところでは
高音質のUSBケーブルもついてきて、実質4万近くお得とあらば
小遣いでやりくりするワシとしては、もう逝くしかないでしょ!
ってことでGOですよw
正直、音源付き(しかも今ならケース付き!)で、この値段なら安いと思いますよ。
(早くしないと初回限定はさばけちゃいますぜ)
ま、そんなくだりはどうでもよく。
こいつの所感おば。
とりあえず、まだまだ全然使いこなせてないですが(゚Д゚;)
各種ツマミ、思いののかトルク感があり、良好。
当然ながら、センターでカチっっとなります(個人的にコレ重要)。
2つのJOGはPioneerのCDJ100(もっとも使われていたと思うので、古いって?)とかの
スカスカな感じよりは、ちょうどいいトルク感かと思います。
別にスクラッチなんてすることはないので、あまり重要ではないのですがね。。
んで、ちょっくらMIXしたりしてみましたが、、
そもそもTRAKTORの使い方を良くわかっていない!(;´Д`)
つーわけで、もうちと勉強してきますわっ!
しかし、これほどお手軽にDJする環境が揃ってきているということ自体
素晴らしいことだと思います。間口が広がることで、もっと色んな方々が
楽しんで表現することができるわけですから。
目下問題はノートPCが無いってことでしょうか(゚Д゚;)
うーむ、MacBook Pro欲しぃ・・・(長年の夢)