Google Reader 難民

その昔RSSを見るのにはBloglinesを使っていました。そして、こいつもサービスが終わることになったとき今と同じように難民になったことを思い出した(懐かしい、てか未だに生きてる??)。そのときの移行先として選んだのがGoogle Readerでした。
そして、Google Readerの廃止宣言をうけ、またまた後継となるサービスを模索中。
今更ローカルでデータを扱うようなアプリには戻れるわけもなく、Webサービスしか対象としてません。
以下、ちょろっと調べた結果をまとめておきます。
livedoor reader
Google Readerから出力した「subscriptions.xml」を食わせれば、簡単に移行することは可能。スピード的にも可もなく不可もなく。昨日、他のサービスが死んでたのにも関わらずコイツはびくともしなかったのは、海外からのアクセスがそれほど無かったからじゃないかと憶測。
しかし、如何せんダサい!あと、フォルダ単位でまとめて参照ができないといった微妙な点があり、何か使う気にならない。
Feedspot
昨日は重すぎてサインインすらできなかった。で、今日になりようやくサインイン完了。インポート自体はほぼ全自動でやってくれるので、その点は楽ちん。使い勝手も、ほぼGoogle Readerを踏襲している感じ。
アクセス負荷が高いのか、動作が非常にモッサリ。フォルダを開いてから、中のフィードの一覧を生成するなど作りとしてイマイチな部分は否めない感じ。
Feedly
Google Readerと同期がとれるので使ってみるのは簡単。とりあえずその状態で現在並行運用中。見栄えを良くしようとするのがわかるが、iPadとかだといんだけどブラウザでササッとナナメ読みしたい場合にはデフォルトの表示を設定できるといいと思った(フィードやフォルダ単位で設定すると覚えているようには見えるが、どうなんだろう?)。
iPhoneのクライアントもあるけど、こいつも見栄え重視なのでちと微妙。この点については、Google ReaderのAPIのクローンの提供にも名乗りを上げており、MacのReeader、iPhoneのSylfeed、iPadのMr.Readerを使えるようにしてくれないかと期待。
Bloglines
アカウントが残っていたので、ログインしてみた。
なんか時間が止まっている感じw
いくつか触ってみて思うのだけど、Google Readerは些細な使い勝手とかも手が届いており、ほんとによくできている。
Flipboardとかはどう動くんでしょうかね。

コメントを残す