政治

ぼけーっとテレビを見てると、ニュースで北朝鮮の拉致問題についてやっていた。
ワシの頭のなかでは、「あぁ、そういうのあったよな」でした。。
そんなワシを尻目に、ブラウン管の中の人は熱く語る。
「不安があるのです!」
いつになれば戻ってくるのか?
自分達はこの運動を続けていくことができるのだろうか?
国が本気でやる気があるのか!?
「不安で仕方がないのです。」
「この空気を変えるのは、世論です!」
ほんとそうですよね。同じ国の人でありながら、ワシなんてテレビを見て思い出したぐらい。。。国が動かないなら、それをどうにかしよう!と動くといっても、国が立ち上がって、のようにはいきそうもない。情報は行き届き、みながそれを知っていても。
そして、その情報はかたちを変え、インターネットという仮想世界の中でテキストデータとして見る人の前に現れる。そしてまた、自分が動くわけではなく、それを伝えようとしているだけ。
だったら、書くなよっ!

コメントを残す