Electronic Paper

情報を伝達するデバイスとして「紙」というものがありますが、今のところこの紙に取って代わるようなデバイスは存在しません。そんな中、ここ最近では「電子ペーパー」といった新技術の話題が取りざたされることが多いです。デジタル化されたデータを紙と遜色なく表示し、閲覧できるデバイス、それが電子ペーパーってやつです。
今現在、「電子ブック」というかたちでデジタル化されたコンテンツは存在します。例えば、漫画だとココとかです。数ページなら立ち読みもできるみたい。PCやPDAといったもので閲覧することになるのですが、やはり紙に比べて目が疲れる、また電車などの移動中にちょっと見たいだけなのにノートPCの電源を入れるのは( ゚Д゚)マンドクセーってことになるわけですよ。
つーわけで、そんな需要を加味して(実際は金になる市場だからだろうけどさ・笑)、近々登場しそうなのが「ΣBook」ってやつです。スペックを見る限り、ほんとにデジタル書籍を見るためだけの端末です。ワシ自身もこれはちょっと気になってたりするんですけどね(汗)ま、これ自身は、タイトルの電子ペーパーではないです。
そこで他のメーカーも黙っているわけもなく、対抗馬として注目されているのが「E-Ink」ってやつです。実際は凸版印刷との共同開発みたいです。その仕組みはというと、ココを読んでください。ほんとこんなことをよくもまぁ、こんなこと考えて作ろうとするよなぁ・・・Σ(゚△゚;)
尽きるところ、電子ペーパーを作る理由は上に書いたけども、市場として非常に見込みがあるからなんだろうけど。別の視点から見たときに、紙資源の削減ってのもあると思う。しかし、このデバイスを動作させるためには電気が必要なわけで、ましてやこれを作るためにはさらに大量の資源と電気が必要になるわけですよ。そのへんのバランスってどうなってるんでしょうかねぇ?

SPAM

こうやってネット上の自由も束縛されていくのですね。まさに世の中の縮図とでもいうのでしょうか、同じことを繰り返してます。悲しいことですが、これが現実です。だから、人間なんだよっとも言えますけど。そして、ワシはモンティ・パイソンのDVDが欲しくなった(笑)
米上院で厳格なスパム法案が可決

第 1 回 Microsoft Application Development Community 2004 Conference

今日は新宿で行われた、「第 1 回 Microsoft Application Development Community 2004 Conference」に行ってきました。ワシ自身、パッケージ製品ではなくシステムというかソリューションを扱う業務を行っているので、あまり関係ないといえばないのだが。まぁ、最新の動向を探るって意味で。
午前の部では、.NETアプリケーションを開発している企業の方々を集めてのパネルディスカッションでした。結論から言うと、つまらなかった。。.NETという開発スタイルが世に出てから、もう結構たつのですが、実際はそれほど利用されるには至ってないのだということが、「あ、やっぱり?」と感じました。まぁ、パッケージ物だから仕方ないのかなぁっとは思いますけどね。如何に既存の業務環境をシームレスに移行するか?、これが非常に重要なようです。
午後の部では、最新技術のセッションとして以下の2セッションが行われました。
・ Enterprise Instrumentation Framework(EIF)の概要と実装
————————————————–
イベントログ、パフォーマンスモニタ、イベントトレースといった障害が発生したときに必要となる情報を取得するためのフレームワークみたいです。このフレームワークに則って、EIFのAPIを利用することで簡単にアプリケーションに実装することができるということ。これはちょっと使えそうなので、時間のあるときにいじってみようかと思ってます。
・ Microsoft Office Live Communications Server 20003による
 企業内リアルタイムコミュニケーションの実現
————————————————–
社内でIMを利用するためのサーバです。以前は、ExchangeのAdd-onってかたちで提供されてたのかな?でもこういうのって、需要あるんですかねぇ。Firewallがないところだったら、MSN Messangerとか使えてしまうから、済んでしまうけども。それが原因で情報漏えいなんてことも、最近じゃ色々と問題になってますから。ま、英語版は既にリリースされてたんで、いじってはみると思いますけど。
Microsoft Application Development Community 2004
Enterprise Instrumentation Framework(EIF)

ん・・・?

会社帰りに不思議な光景を見ました。おじいさんが子供を連れて歩いていたんです、とまぁこれだけだといたって普通。でもよくみると、おじいさんが紐を持ってる。それは子供につながれてる。つまり、ワンちゃん用のハーネスみたいなのを装着されリードでつながれた子供と散歩してたんです。あれは、一体何だったんだろう・・・

MANAS 2003/10/18 – 19

もー、楽しすぎたー♪
今現在、感想を書く気力および体力がないので明日中にココに書き加えます。ふぅー
ってことで、お待たせしました(汗)
————————————————————
18日土曜日。天気、快晴。気温、ちょっぴり寒め。前の日に、色々やっていたせいか、睡眠時間は2時間ほど。朝、7時になっちんに迎えにきてもらい(ほんとに朝早くにご苦労さまでした)、モニタースピーカを詰め込む。でも、結局スピーカ使いませんでした。美味しい空気を吸いに行かせただけ。。で、バッタ邸に移動し、車を乗り換え一路長野に向け出発!
実際のところ長野までパーティで行ったのは、はじめてのような気がします。行楽シーズンというのも手伝って、途中までは道も込んでいましたが結構すんなり。中央道を降りて、地図を見ながら進む。国道からほんとにココ入っていくの?みたいなところを曲がり、暫く進むと林道。鉄板かと思ったら、ゴムみたいなトラップを越え、廃屋を横目に進んで13時ごろに到着!(運転お疲れさんでした>バッタ)インターを降りてから、30分?ぐらいってところですかね。
場所をこの目でみたときは、ほんとにアガリましたね♪いやもう、マジで最高なんですよ!こじんまりとして、周りはすべて山。そして、雲ひとつない空。電気も通ってて、薪で焚く風呂もあったり(今度行ったときは、絶対入るぞぉー)、いやもう完璧です。こんな場所を提供してくれたおっちゃん、探し出したガンマさん、整備をしてくれたGENさん、TAKEさん、アベちゃん、ETC、ほんとにありがとう♪
音が出始めたのは、18時。シュンくんのアンビDJからスタート(実際は、アベちゃんがレゲエのDJをやるはずだったのですが、3曲ぐらいでやめちゃった?)。まさにシュンくんといった感じでよかったです。20時から、ken-kenのDJ。前回はほとんど聞けなかったのであれなんですが、これまたずいぶんと大人しくなってました。あのバキバキのken-kenが・・・かなりビックリでした。これからどこに向かっていくのか、ちょっと気になります。続きましては、21時30分から、TAKEさんのDJ。うーん、相変わらずカッコイイ選曲ですねぇ。あの選曲だとやっぱり日が出てからのほうがシックリくるかなぁっと思いました。
で、23時30分から2時まではワシのDJです。前回に比べて、だいぶ踊りやすくはしたと思うんですけどねぇ。実際のところどうなんでしょう。。途中、MFGのWhen We Dreamって曲をかけているとき、最後のいちばん盛り上がるところで電気が「ブツッ」といったのは、かなりショックだった(汗)それも手伝って(言い訳)、流れを取り戻すのにちょっと苦労した。しかし、2時間半もやらせてもらって、それはそれは楽しませていただきました♪
で、ワシの後はGENさんのDJ。いやぁ、かなりヘビー級でしたねぇ。そのときワシは火のそばで動けなくなってしまったのは、言うまでもない・・・最後にかけていた爆裂ロック!?、あれはすんごかった。次は4時から1時間のGOKUHUTOのLive。この時間はワシはアンビのほうでDJをやっていのであまり聞けてないのですが、かっこよかった!やるなぁって思いました。5時から6時は、WATAさんのDJ。6時から7時までは、SaikariomのLive。えっとぉ、ごめんなさい。アンビしてたら、そのまま寝てしまいました(汗)
7時から10時半のロングプレイは、バッタのDJ。最近の傾向ですが、前半は結構バキバキでしたねぇ。相変わらず、いい選曲するなぁっと感心しました。その後、ワシのわがままで10時半から11時半までやらせてもらいました。実際にやってみると頭の中のイメージとかなり音が食い違っていたと思います。夜のDJはだいぶ慣れてきたんですけど、まだ日が出てるときの音を構築するのは全然ダメですね。これからの課題ですな。昼にカッコイイDJをやるのが、ひとつの目標ではありますから(笑)そして、最後に12過ぎまでTAKEさんとGENさんがうまくまとめて終了ぉ~
ほんとにいいパーティだったと思います。それが実現できたのは、あの場所にいたみんなのおかげです。アリガト!(´▽`)また来年、あの場所で出来るのかと思うだけで、ウキウキです(笑)その前に、白馬!?
“MANAS 2003/10/18 – 19” の続きを読む

Monthly Security Patch

セキュリティパッチのリリーススケジュールが月1に変更されたようです。これで、いつパッチを当てる作業をすればいいかが明確化するので、当て忘れ等の問題は軽減されるんでしょうなぁ。
しかし、最近リリースされているパッチは「緊急」のものが多く、セキュリティ上、月1でリリースなんて悠長なことを言ってられるのかとも思ったりする。元が安全だったらこんな心配することないんですけどね(汗)
米マイクロソフト、初のマンスリー・セキュリティパッチをリリース
TechNet セキュリティ センター

有人飛行

なにやら、中国が有人宇宙船の打ち上げに成功したみたいですねぇ(まだ、帰還してないから成功というのは、時期尚早ですが)。そのロケットの名前は「神船5号」、神の船とは恐れいります。
しかし、最近の中国、勢いがありますね。ニュース ステーションでも言ってましたが、これからはアメリカと中国という2大国が中心になって、世の中は動いていくことになるんですかねぇ。日本は、マニュフェストがどうとかとか言ってる場合なのか・・・(政治についてはほとんど無知なため、これ以上書けません。。勉強します。)
<夢の有人飛行> 宇宙大国へ 記念すべき2003年(人民日報社)
マニフェスト関連寄稿(富士総合研究所)