Earth Made

ものすごく久しぶりに行きつけのメガネ屋に遊びに行ってきた♪

ちなみにワシが行く店は外苑前のグラン店だす。
表参道ヒルズにも店は入っているけれど、ゆっくり見れるコチラのほうが好き。
というか、話を出来る店員がこっちにいるからこっちなんだけどもw
で、ここ数年、ハードに使用しているEye’DCの超お気に入りのメガネも、さすがに「物」であるためかなりへたってきている。
「そろそろ新しいの買わないとなぁ~」というのもあり見にきたというのもある。
まぁ、メガネの店があったらふらっと立ち寄って見てみるけど、
グッとくるやつってここんとこさっぱりなかったんですねぇ。
そんななか、今日なかなかイカシタやつに会いました♪
Earth Made 1
えぇ、今となっては有名どころのic! berlinの新作。
尚、こちらはHPにもカタログにも載っていないようです。
ic! berlinのワシのイメージは「これってほんとに大丈夫かよ?」と思っちゃうような、
繊細なフレームというものでした。
しかし、改良に改良を重ねてきたのもあり、最近のものは作りがしっかりしてます。
で、パッと見何がイカシテルノカ?わからないのですが、よーく見ると・・・
Earth Made 2
携帯しか持っていなかったので、ピンボケ宜しくのノイジーな画像で恐縮ですが、
「なんすかこれ?モデル名が奈良!?つーか、蛙??」という突拍子もない記述が。。。
ほかにも、「本町」とか「芦屋」とか6種類ぐらいあるようですw
Earth Made 3
そして反対側には、「international」と「earthmade」の文字が。
えぇ、この作品はドイツ、アメリカ、日本の合作らしく、それで「earth made」ってなことになってます。
(ちなみにearthmadeと言われて思い出すが、Blur Roomののコンピの「Made on Earth」を思い出すのはワシだけでしょうかw)
うーん、こういうノリ大好きヽ(´ー`)ノ
作りもよく出来ていて、これはイイ!と思ったのですが、
かけてみるとちょっと大きい。後で何でか?と思ったのですが、
サングラスをイメージしているから大きかったのかなぁっと思った次第。
なので、このシリーズで新作が出たら連絡をくれるということでしたw
いやぁ、楽しみじゃぁ~!!それまでに軍資金を作らなければ!
あ、そうそう凄く楽しみにしていたハリポタの最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見に行ってきました。
いやぁ、よー2時間超の時間にまとめたもんだと思った。大変だったろうなぁ・・・
原作を6巻にいたっては3回は読んでますが、映画は継ぎはぎだらけのように感じた。
テープの変わり目の右側に煙草の焼け跡みたいなのが出た瞬間に、いきなり切り替わるみたいな。
自分は2時間があっという間に終わってしまうぐらい、楽しませてもらいましたが
原作を読んでない人にとってはチンプンカンプンなんじゃねーの?と思ったりもする。
そして、最終話は2回にわけて映画となると知って少し安心。
原作の第7巻の詰め込みようと言ったら、半端ないと思うので。。
つーか、2回でも足りない気がします。。。脚本家はほんとに大変だろうなぁ・・・

謎の穴

こんな時間に書くような話でもないのだが、書きそびれていて
どうしても書きたかったのであえて書かせていただく。
ある日、ノンと近所の公園に行った時の出来事。
ノンが砂場で遊んでいる間に、「なんか撮るもんねーかなぁ~」と
辺りを見回していると・・・やたら小さな穴が地面に空いていることに気が付く。
ん?
謎の穴
親指が入るくらいの穴だろうか、そこらじゅうに空いている。
何なんだ??
つーか、ちょっと気味が悪いぐらい空いてるんですけど。。。
んー
あ、。
気が付くまで暫く時間がかかりました(´ヘ`;)
そうかぁ~蝉の幼虫が出てきた穴か!
謎の穴の正体
上の穴三つに合わせて、3匹並んでの脱出跡をば。
そして、次の疑問が頭をヨギル。
蝉の命は1週間ほどと言われている。
そして、成虫になるまで9年近く土の中。
そう考えると。
「いったいあいつらは、どんだけ土の中にいるのだろうか?」と、思った。
この話をカミさんにした際に返ってきた答えは。
「蝉の層があるんじゃないの?」
それは嫌だw
実際のところ、他の虫の数に比べれば土の中にいる蝉の幼虫の数なんて、
大した話じゃないのだろうけど、想像したら頭の中では凄いことになって
いたのは言うまでもないw
ま、そんなくだらない話だ。
夕日に輝く時間
夕日に染まる木々は奇麗だった。

お気に入りの絵本 その2

前回に引き続き第二弾です。
最近、寝る前によく読んでくれと言われる絵本達です♪

近所の図書館で「痛みが激しいから持って行っていいですよぉ~」って
コーナーに置いてあって持って帰った絵本です。
何でしらないが、最近この絵本は必ず読んで欲しいと言ってきます。
ワシ的にもバリバリの方言の言い回しとかが、読んでいて気持ちがいいw

カミさんが前から欲しかったと言っていた絵本。
ファンタジー要素満点でワシもお気に入りです。
心洗われるような感じです。一度は読んでみることをお勧めします。
ノンは「ブルーベリー」のことをうまく言えないので、
「ブレーブリー」と言ってますw
他にもうまく言えない言葉で面白いものとしては、

  • 「わたあめ」 → 「ワーターメン」
  • 「ラムネ」 → 「ガムネ」

基本的に面白いので直さないでいますw

お婆ちゃんにもらった絵本。
「好きな食べ物はなに?」とか「大きくなったら何になるの?」と
言ったことが中に書かれているんですが、ノンはほとんど全部選びますw

ジーンときます。
夏:20090808
話は飛ぶが、今日も近所の公園に涼みに行ってきたヽ(´ー`)ノ
水が湧いているところで、めちゃめちゃ水が冷たかった。
おかげさんで涼むことができやした♪