【解決済み】Windows 10でPulse SecureでのVPN接続が遅い

問題の事象

とあるお客様の環境の保守のために、社内の仮想環境からインターネットVPNで接続できるようにしていました。元々使っていた環境のOSはWindows 7だったのですが、2020年1月をもってサポートが切れたため、接続するためにお客様から提供されていたVPNクライアントが使えなくなりました。
お客様から提供されていたVPNクライアントは「Pulse Secure」です。最近では、ほぼこいつだと思います。

で、新しくWindows 10の環境を用意したところ、問題が発生!
“【解決済み】Windows 10でPulse SecureでのVPN接続が遅い” の続きを読む

【解決済み】Windows10(ビルド1809)にアップグレードしたら、Windows Push Notifications User Serviceが暴走

問題発生

会社で使っているWindows 10のPCをビルド1809にアップグレードしたところ、すげー重くなった!
え、なんで??って思ってタスクマネージャーを立ち上げると、、、
「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」とかいうのが大暴走中。CPUを30%、メモリに至ってはほぼ100%を握ったままじゃないですか!!!え、何これ?ウィルスかよっ!?ってレベル。

で、このプロセスを強制終了すると、しばらくするとゾンビのようにまた立ちがってきて、リソースを食いつぶす。
サービスを覗いてみると「Windows Push Notifications User Service」が確かにいる。プロセスを強制終了した後に、サービスのスタートアップの種類を「手動」に変更しようとするとエラーが出て変更できない。再起動しても何も改善しない。

英語でググる

ググっても何も情報が見つからず、途方に暮れていました。

しばらくして、そういえば英語のサイトで探してないなと思い、ググってみると下記のサイトがヒット。

以下の5つの解決方法が記載されいました。

  1. Use SFC to Scan for Memory Leaks
  2. Rename or Delete the Notifications Folder in Safe Mode
  3. Uninstall the ‘Do Not Disturb’ Component of Avast/AVG
  4. Update Windows 10 to the Latest Version
  5. Replace Your Antivirus

解決方法 その1

コマンドプロンプトを管理者モードで立ち上げて、下記のコマンドを実行しろってやつ。

sfc /scannow

これは既に実行済みで効果なし。

解決方法 その3 & 5

会社で指定されたウィルス対策のツールが入っているので、対象外。

解決方法 その4

Windows10のビルド1809で適用できるパッチ類は、全て適用済みでした。

解決方法 その2

ん?これは初めてみる解決方法でした。手順は以下の通り。

手順

  1. タスクマネージャーを管理者モードで起動して、「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」を強制終了
  2. 「C:\Users\YOURUSERNAME\AppData\Local\Microsoft\Windows」配下にあるディレクトリ「Notifications」というフォルダ名を変更(「YOURUSERNAME」の部分はログインしているユーザIDに置き換えてください)
  3. OSの再起動

無事解決

すると、、しばらくしても「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」大人しいままじゃないですか!うおーきたー!!ということで、私の環境では解決しました。
「Notifications」にはこのプロセスが使うデータベースファイルが格納されており、そいつが破損している?とかでメモリリークのような動きをしている感じですね。尚、「Notifications」フォルダの中身のデータベースはプロセスが起動するタイミングで新しく作成されます。

もし、同様の問題でお困りの方がいたら、試してみる価値はあるかと思います。
とはいえ、作業は自己責任でお願いしまする。