【解決済み】Windows10(ビルド1809)にアップグレードしたら、Windows Push Notifications User Serviceが暴走

会社で使っているWindows 10のPCをビルド1809にアップグレードしたところ、すげー重くなった!
え、なんで??って思ってタスクマネージャーを立ち上げると、、、
「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」とかいうのが大暴走中。CPUを30%、メモリに至ってはほぼ100%を握ったままじゃないですか!!!え、何これ?ウィルスかよっ!?ってレベル。

で、このプロセスを強制終了すると、しばらくするとゾンビのようにまた立ちがってきて、リソースを食いつぶす。
サービスを覗いてみると「Windows Push Notifications User Service」が確かにいる。プロセスを強制終了した後に、サービスのスタートアップの種類を「手動」に変更しようとするとエラーが出て変更できない。再起動しても何も改善しない。

ググっても何も情報が見つからず、途方に暮れていました。

しばらくして、そういえば英語のサイトで探してないなと思い、ググってみると下記のサイトがヒット。

以下の5つの解決方法が記載されいました。

  1. Use SFC to Scan for Memory Leaks
  2. Rename or Delete the Notifications Folder in Safe Mode
  3. Uninstall the ‘Do Not Disturb’ Component of Avast/AVG
  4. Update Windows 10 to the Latest Version
  5. Replace Your Antivirus

解決方法 その1

コマンドプロンプトを管理者モードで立ち上げて、下記のコマンドを実行しろってやつ。

sfc /scannow

これは既に実行済みで効果なし。

解決方法 その3 & 5

会社で指定されたウィルス対策のツールが入っているので、対象外。

解決方法 その4

Windows10のビルド1809で適用できるパッチ類は、全て適用済みでした。

解決方法 その2

ん?これは初めてみる解決方法でした。手順は以下の通り。

手順

  1. タスクマネージャーを管理者モードで起動して、「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」を強制終了
  2. 「C:\Users\YOURUSERNAME\AppData\Local\Microsoft\Windows」配下にあるディレクトリ「Notifications」というフォルダ名を変更(「YOURUSERNAME」の部分はログインしているユーザIDに置き換えてください)
  3. OSの再起動

すると、、しばらくしても「サービス ホスト: Windows Push Notifications User Service」大人しいままじゃないですか!うおーきたー!!ということで、私の環境では解決しました。
「Notifications」にはこのプロセスが使うデータベースファイルが格納されており、そいつが破損している?とかでメモリリークのような動きをしている感じですね。尚、「Notifications」フォルダの中身のデータベースはプロセスが起動するタイミングで新しく作成されます。

もし、同様の問題でお困りの方がいたら、試してみる価値はあるかと思います。
とはいえ、作業は自己責任でお願いしまする。