PM

最近(ちょっと遅いか?ま、日本だし・笑)流行っているPM。ITの飯の種、PM。今ではEPMなんてものも。PM、PM、PM。もう、SPAMみたいです。つーか、PMって何よ?ってことになるのですが、Project Managementの略です。EPMは、Enterpriseってな感じ。何やら、このPMとかいう魔法の杖でProjectが失敗することなく、うまくいくらしいです。実際、うまくやればうまくいくのでしょうが、ことIT業界においてありがちなのは、「この製品を導入すればProjectがうまくいきます」、なーんていうキャッチコピー♪まぁ、そうやって一時期流行ったものでCRMなんてのもありました。つまり、システムは入れたけど使いこなせなくて クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!! ってことなんですけどね。要は、ある程度ベースがあるところにシステムを導入する、あるいは、システムを導入するタイミングで企業文化を改革するといったことが必要なわけです。まぁ、これはどんなシステムにおいてもおおよそ同じことが言えると思いますが。
っと、ちょっと話がそれていっているので戻します。何故ワシがPMの話なんかしてるのか?ということなんですけども。あるお客さんがPMをやりたいということでして、EPMを実現することができるらしいある製品の技術支援という形でワシに声がかかったわけです。ぶっちゃけ、PMなんてほとんど知らないです。「Critical Chain」を読んだぐらいですか?(´ヘ`;)つーかよー、いきなり「ぴーえむ」なんて言われても無理なんじゃー、っと文句言っても仕方がないので、今はちょっとずつ勉強中だったりします。
そんな中、Webで面白い記事があったのでその記事を引用しながら話を進めたいと思います。えぇ、ここまでは前フリです(´▽`*)アハハ その記事は、↓コレ。

◇ プロジェクトマネジメントスキル 実践養成講座 ◇
第1回 プロジェクトメンバーを1つにまとめる
第2回 みんなを幸せにするスコープマネジメント

もう、ワシなんて、呻りながら読んでしまいました(・∀・)ニヤニヤ

プロジェクトマネージャの仕事は、本質的にはたった1つだ。それは、「プロジェクトを成功という1つのゴールに向かって導く」ということだ。

うむ、ごもっともでございます。

メンバーとのコミュニケーションは双方向でなければならない。プロジェクトマネージャは、自分のやり方を一方的に押し付けるのではなく、メンバーから意見を吸い上げる姿勢を持つことが大事である。

これ、すごく大事だと思います。つーか、ワシは逆切れされましたけどね(爆)
実際、ワシがかかわったプロジェクト(もちろん、只の下っ端ですよ・・・)で成功したものでは課長と気兼ねなく話ができましたから。あぁ、あの時はほんとに楽しかった。

よく、食事時などにプロジェクトや上司の陰口をたたくような光景が見らることがあるが、これはあまり褒められたことではない。そういう場合は、得てしてプロジェクト内のコミュニケーションがうまくいっていない。

えっとぉ、最近社食で陰口を叩いていたふざけたやつは、ワシですヽ(;´Д`)ノ つーか、みなさんの周りでもこういう光景はよく目にしませんか?

筆者は、本質的にプロジェクトの成功とは、「プロジェクトにかかわるすべての利害関係者に満足する結果をもたらすこと」

いわゆる、Win-Winってやつです。たいていの人は、「そんなもん理想論じゃ~」とか思うのではないかと思います。より多くのプロジェクトをこういう状態に導くことができれば、その人は神!?

重要なことは、一部の関係者ではなく「関係者全員」の合意と理解である。
先の矢見雲マネージャの例では、見積もりについて顧客サイドの発注者と受注サイドの営業部門、経営層は合意しているが、開発部門と合意されているとはいえない。また、機能・仕様については、顧客サイドの発注者と受注サイドの営業部門は合意しているが、顧客サイドのユーザーは合意していない。
ここで挙げたケースは、PMBOKでいうところの「プロジェクトの立ち上げ」においてプロジェクトの基本事項を定義する段階の話しであるが、ちまたにあふれる失敗プロジェクトには、プロジェクトの開始時点ですでにこのような全員の合意が得られていないプロジェクトが多いように考えられる。
あなたの周りのプロジェクトではこのようなことが起こっていないだろうか……。

( ゚д゚)ノ ハイ!起こってますっ!
後輩(ウッ)の意見
「うちの会社は、矢見雲マネージャだらけですね」 っ`Д´)セイカイ!!
プロジェクトマネジメント – [ITプロフェッショナルのスキル]All About Japan(1/4)

hp workstation xw4100

仕事用のニューマシンがやってきましたヽ(´ー`)ノ 物は、コレ。かなりゴツイですヽ(;´Д`)ノ で、ただいま環境を作り直しているのですが・・・これがまためんどくさいのなんのって。。同じ開発環境を作らないといけないのですが、、出来るとは思えないです(´ヘ`;)

Project X

今回のProject Xは「100万座席への苦闘 ~みどりの窓口・世界初 鉄道システム~」という内容のものを放送していました。途中から見たのですが、何とも感慨深いものがありました。プロジェクトってこういうもんだよなぁっとも思いました。あぁ、最高に面白かったんだろうなぁ。
国鉄のプロジェクトリーダであった尾関雅則氏の言葉
「人の信頼関係が、システムの信頼性である。」
この言葉、じーんときました。
プロジェクトX~挑戦者たち~

2004年度上期

が始まったわけでして、ワシの会社では首記挨拶なんてものがあったみたいです。えぇ、普通にそんなこともあるのを忘れて、フレックスで出社でした(・・・)いやぁ、サスガに反省しております。。
つーか、誰も何も言ってこないってどうなのよ?メールできてたのは確かですが、今日は完全にワシは忘れていて、後輩に「聞いてないんですか?」と言われたのは18時過ぎ。。
後輩:「社長の話聞いて、さらにやる気なくなりましたよ。もうこの会社にはいられないです。」
SWK:「へ?社長?何のこと??」
後輩:「え?聞いてないんですか?今日の首記挨拶ですよ。」
SWK:「あぁ、聞いてない。つーか、きてなかった。」
後輩:「(笑)いやぁ、聞かなかったほうがいいですよ。同じことしか言ってないですから。」
SWK:「あ、やっぱし?」
ワシのフザケタ勤務態度は(つ´∀`)つ置いといて、年度のはじめの挨拶で笑い話になってしまうってのは、どうなの?と思ってしまう。不況のあおりを受けて大変なのはわかる。実際、ココ最近、ずっといい話は聞いたためしがない。しかし、それに対する施策が、いつまでたっても変わらない。それじゃぁ、誰もついていかないですよ。ほんまに。そして、士気は下がるの一方通行。今はまだ周りも「ヤバイヤバイ」とは言ってるが、そのうち誰も何も言わなくなりだしたら・・・。
この後、さらに話は紛糾したのだが、うまくまとまらなかったので次の機会に回します(´ヘ`;)

SQL

データベースからデータを取得したりするのを記述する言語がSQLなわけなんですが(詳しいことは以下のURLでご確認してください)。最近になってようやく気がついたのですが、これ、相当面白いです。ヘタなパズルをやるよりもよっぽど。
ま、実際にはそんな複雑なデータを扱っているわけではないですから、大したことはやってないんですけどね(´ヘ`;)
IT用語辞典 e-Words : SQL 【Structured Query Language】
ASCII24 – アスキー デジタル用語辞典 – SQL

VSTO

そんなに新しいネタではないのですが、昨日どんなものかちょっと触ったところ、ことのほかいけてたので、ちょっと遊んでます。タイトルの「VSTO」は「Visual Studio Tools for Office」の略で、要はMicrosoftの開発ツールであるVisual Studio .NETのOffice用のアドオンです。
今までOfficeのアプリケーションと言えばVBAでやっていたのですが(実際今でもそうですが)、こいつを使えば .NET Framework のテクノロジも使えちゃう優れものです。何でもできますね。しかも、VB.NET、C#なんて言語も使えるのが何よりも個人的に嬉しい。
みんながみんなってわけじゃないですが、業務でWordやExcelを使うことって結構あると思います。そんな馴染みのあるWordやExcelをWebアプリケーションなどで動いている業務システムのフロントのアプリケーションとして使えたら・・・便利だと思いませんか?ま、MSの受け売りですが、ワシはそうだと思います。オフラインでデータを入力しておいて、会社に帰ってボタンを押したら業務システムと同期するといった具合です。実際、そういうニーズはあります。特に営業さんとか。似たようなことを今まででもやろうと思えばできましたが、えらい面倒な話だったりしたわけです。それが随分楽になるって思うと、もうブラウザーなんていらないです。
どうやって動いているのか?などなど、書き出したら終わらないので、詳しくは下記のURLで確認してください。ワシが書くよりよっぽどわかりやすく書いているので(´ヘ`;)
@IT:技術解説 Office 2003で変わる業務アプリケーション
@IT:特集 .NET言語による次世代Officeソリューションの開発
Visual Studio Tools for Office ホームページ
Office Developer Center – Visual Studio Tools for Office

モノヅクリ

ここ最近、仕事をしてて、ただつらいだけだった。その仕事というのは、ある製品を導入するにあたっての評価を主としていた。こういうのも何だけど、はっきり言ってつまらなかった。ただ、ストレスとかいう現代に蔓延る得体のしれない奴に、蝕まれていた。そんな気になっていた。
しかし、ワシ自信、それだけをやっているかというと、そうではない。ほとんどワシが趣味で作ったシステムがあるのだが、それの機能拡張などの作業である。まぁ、システムといっても、そんなに大それたものではなく、もっぱら部という閉じられた環境で利用されている程度もの。3万ステップ(単純にコードの行数)に満たないもので、本当に大したものではない。作ったワシが言うのだから間違いない。そこには自分の能力のなさに対する歯がゆさはある。それをわかっていながら、時間がないと言って逃げている自分に対する腹立たしさも。
評価の作業に時間を取られていたため、拡張作業がストップしていたのだが、さすがに不味いと思い、日記にも書いていたように土曜あたりからプライオリティを上げて作業を始めた。そして、気がついた。やはり、ワシはモノヅクリが好きだと。ただ、純粋に楽しいのです。今日、ほぼサーバサイドの拡張が完了し、クライアントサイドのツールの機能拡張をするにあたり、壁にぶつかった。ある程度予想はできてはいたが、そのままぶつかった。
何か解決策はないかと思い、現実逃避がてらある新技術に食いついた。サンプルもあったので試しに動かしてみたところ、あまりの出来に感動すら覚えた。それと同時に胸が高鳴るのを感じた。そう、それこそがまさに壁を越えるための技術だったのです。
仕事=金と、病んでいた自分は考えていたが、そうではない。ほんとうに好きなことであれば、つらいことは楽しいことになるということを身を持って知りました。それでお金も貰えるというのだから、こんなありがたい話しはないのではないでしょうか。明日からまた、会社に行くのが楽しみです。
ま、それだけやってても仕事は勤まらないんですけどね・・・(´ヘ`;)

涙の休出劇

ただ捩っただけのつまらないタイトルである。この場合の「捩る」の使い方はあっているのだろうか?まぁ、そんなことはどうでもいい。今日はひたすらコーディング。とりあえず、頭を使わないで書けるところから。ボランティアで続けている、この仕事・・・ん?ボランティアだから、仕事ではないかと思ったけど、仕事とはどうも体や頭を使って、しなければいけない事をすることらしい。つまり、仕事をしても必ずしもお金とかいうやつは、貰えないもののようだ。そう考えると、「仕事しろっ!」という言葉は、あまりに理不尽に思えてくる。でも、しなければいけないから、しなければいけないのである。
「屁理屈こねてる暇があるなら、仕事しろっ!」
会社という組織に属している以上、逃れられないのです。すべては会社のため。だったら、楽しまなきゃ損ってことです。ま、コーディングは好きなんでね♪誰かの役に立っていれば、それでいいではないですか。

( ´O)η ファ~

何となく会社にきてしまった。ま、どうせ何も予定なんかないからいいんですけどね(´ヘ`;)
てかよぉ、清掃業者の馬鹿ども、ワシがいるのに職場の扉のロック操作をするなっつーの。また、警備員がくるじゃねーかよ(2回目)。同じ動きしかできないのかよ。まったく。
明日はMixでも作ろうかいねぇ。TranceとAmbientの両方を。
公開する気はないですけど、ま、それは出来次第ってことでヽ(´ー`)ノ
さ、仕事、シゴト。
なんか日記ぽいなぁ(笑)

Critical Chain


Amazonで予約してまで買っていたにもかかわらず。読み始めたのは今日から(汗)というのも、指輪物語を昨日やっとこさ読み終わった(2回目)からです。
この作品はサブタイトル「なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?」にあるように、プロジェクト マネジメントについてです。まだ読み始めですが、Eliyahu M. Goldratt の作品は読み物として面白いので好きです♪
でも、ただ読んで勉強した気になったのでは意味が無いんですよねぇ。。実際、ワシの先輩で「The GOAL」を読んで実践した人はいます。うーん・・・