GoaTrance102


何となくシンセいじってたら出来た曲。
GoaTranceと名前ついてるけど、ジャンルは不明。
個人的にはこういうハマっちゃう感じは好きですが、さっきMacBook Proのスピーカーで聴いたら、ヘボすぎてワロタw
今回意識したのは、展開少なめでしつこい感じと苦手なリズムを自分なりに改善を試みた点。
しつこい感じは、カミさんにアドバイスしてもらい自分が踊っているときをイメージして、展開が少なくて長く踊ってる感じを意識してみたつもりです。ま、この曲が踊れるか?と言われるとアレですが。
“GoaTrance102” の続きを読む

GoaTrance095


2017/11/04のはらっぱ祭りのときに自宅でライブをやった勢いで作った曲を何となく整えて仕上げた「GoaTrance095」をアップしました。良かったら聴いてみてやってくださいませ。
TB-3を自分のイメージするリフっぽい感じで鳴らせたのが、今回の1番の収穫です。鳴らす際には今回もBlueARPのお世話になっています。
“GoaTrance095” の続きを読む

Inner Space Dive


Moog Mother-32をゲットしてから、中々形にならなかったのですが、ようやく次の曲ができました。今までは曲名は番号をつけていただけでしたが、今回は曲名をつけたくなってつけてみました。自分はパカーンって開くって感じよりは内に入っていく音が好きで、今回の曲は自分でも内に入っていける感じがしたのでタイトルの名前をつけました。なんで、踊るってよりは、フロアでうずくまる感じかもしれませんw
曲のジャンルをGoa Tranceと銘打っていますが、自分でもコレがGoa Tranceなのか?もうね、よくわかんないです。
んで、今回使った機材等は以下のとおり

  • DAW:Bitwig 2.2 beta10(常に最新にアップデートしているので、たまたま今回はベータ版)
  • Audio I/F:Universal Audio Apollo Twin Duo
  • シンセ(ハード):Arturia MiniBrute, Moog Mother-32, Roland TB-3
  • シンセ(ソフト):Native Instruments Maschine, Massive

今回の曲では、Bass、Lead、SEとほとんどをMoog Mother-32で作ってみました。使ってみて思うのは、ほんとに音が作りやすいってこと。適当にいじってもそれっぽい音が出てくれるし(MiniBruteだと適当にいじると、どんどん音がおかしな方にいく。のは、ワシだけでしょうか?)、Resonanceも思いっきりかけても粘ってくれる。こういう使いやすさ(プロ用の機材って、扱いが簡単だと言いますし)が、Moogなのかと思い知った感じです。
音は比較的容易に作れるようになったはいいのですが、楽器も何一つ演奏できないし、センスもないのでフレーズ(ループ)を作るのにはいつもに増して苦労しました。そんな中、今回も助けられたのはBlueARPです。もうコレなしには、ワシは曲作れないですw リズム周りとかでもっと展開作れるようにもなりたいし、まだまだ学ぶことはいくらでもありそうです。
TB-3は脇役として最後にチョロっと使っている程度です。
メインを張る音は、やっぱ出ないですね。
マスタリングにはいつものようにiZotope Ozoneを使用、今回バージョンを7→8にあげてAssistant機能を使ってみましたが、見事なほどにドンシャリになってコレじゃない感が満載だったので、いつものように好みのプリセットでポンと出しているだけです。
とまぁ、なんかよくわからないことを書いていますが、良かったら聴いてやってくださいませ!

Goa Trance 074


Goa Tranceの3曲目です。ほぼ1日で勢いで作ったものです。
良かったら、聴いてください!
今までの曲はあまりにも単調で、途中で自分でも飽きちゃう感じでした。
で、今回はそれを誤魔化すために、SEっぽい音を入れてみてます。
そのSEの音はソフトシンセで鳴らしていて、Native InstrumentsのMassiveを使ってます。
後半のリードの音もMassiveです。音はプリセットのものを使ってます。
シーケンスはMassiveのSTEPで鳴っているのですが、同じような感じに打ち込もうとしたのだけど、どうにも同じような鳴りにならない。カッコいいフレーズを作るのは、まだまだ試行錯誤が必要そうです。
↓今回からYouTubeにもアップしてみた。

Goa Trance 065


Goa Tranceの2曲目です。良かったら、聴いてください!
今回もDawはBitwig Studio 2で、DrumsがNative InstrumentsのMaschine、シンセはArturia MiniBruteとRoland TB-3です。2曲目にして、既に迷走してますw とりあえず、その時に感じたものをアウトプットし続けるしかないかな?って思ってて、次の曲にしかかってます。
TB-3はちゃんと使い出すと、やっぱり物足りないですね。なんか、音が優しすぎる。フィルタの具合はっぽいんですけど、どうしても下品さが足りないw ソフトシンセは更に物足りない(なんというか音が薄っぺらくて、前に出てこない。使い方もあるのでしょうが)ので、やっぱりアナログシンセなのか?と思っている次第。
シンセ購入資金の貯金が貯まってきたので、そろそろ追加しようと画策中
(もう我慢できないというのが正しい)

Goa Trance 052


ようやく自分が納得できるGoa Tranceの曲が出来ました。
以前から曲を作れる環境はありましたが、トラックを作り始めるまでは適当に音だして「キャッキャッ」言ってただけだったのでw そんな状況を乗り越えたくて去年(2016年)の11月からトラックを作り始めて、ようやくです。
“Goa Trance 052” の続きを読む

Ambient094


今回はリズム無しのAmbientです。今回のジャケも娘の絵です♪
こういう感じって、展開をどうやってつければいいのか?悩んでいて、答えはまだ出てません。
なので、正直退屈な感じが自分でもしてますw
が、是非聴いてもらえるとありがたいです!

Ambient087


今回も緩い4つ打ちです。
ただ、自分が好きなように創ってみたら、こうなりました。
ジャケの絵は娘の描いたものをパクリましたw
よかったら、聴いてみてやってください。
DAWは正式リリースされたBitwig Studio 2で、シンセは相変わらずMassiveしか使ってません。DrumはMaschineのほぼPresetでAudioにバウンスして使ってます。
プラグインには、EQはだいたいFabFilter Pro-Q2、コンプはAttackを潰すのにWavesのRenaissance Compressorを。UAD-2ではRealVerb-ProをSendで使ってるのと、MasterにNeve 1073とOxide Tapeをぶっこんでるぐらいですかね。
後は、MasteringでiZotope Ozone7のMaximizerで、ザックリ底上げという適当っぷり。

Chillout074


今回はなんとなく気分で4つ打ちです。えぇ、ついねw
DAWはいつもどおりBitwigですが、Version2.0 Beta3を早速使ってみてます。
ま、あいも変わらずBitwigじゃないといけないか?ってところはありますけど。
シンセは今回もMassiveのみです。ただただPresetsから選んでるだけです。
DrumsはMaschineの標準の音源を使ってます。
今までまともにMaschine使ってなかったんですが、、便利ですねw
後は、BitwigからExportした後にiZotope Ozone 7(Trial版ですけど)でマスタリングしてみてます。つっても、Presetsで音圧を稼ぐのに使ったぐらいですけどね。
個人的にエンジニアよりな気はしてて、このあたりはもっと突き詰めていきたいと思いました。
あ、そうそう。このジャケの画像は、娘の絵の教室に参加させてもらったときに自分が描いた絵を加工したものです。次回の曲のジャケには娘の絵を拝借しようと目論んでますw
あれこれ書きましたが、聴いてもらえると嬉しいです。よろしくですお願いします♪

Chillout052


Non BeatのAmbient以外も作りたくなって、Dubっぽいのを作ってみました。
ま、Dubと言いつつも、ほぼMinimalです。
よかったら聴いてみてやってください。
自分がパーティで踊るときって、目を閉じて独りで黙々と踊るほうです。
だから、自分が求める音は開くってよりは、Inner Spaceに入り込む感じのほうが好み。
音数が少なくて、Minimalな感じで展開も少ないほうが、自分的には入りやすいんですよね。
ま、だからこんな音になるのかなぁって、なんとなく思った。